葬儀の費用について

葬儀費用の内訳と注意点

「どのようにお送りすることが故人様と縁者にとって最良なのか?」を念頭に置きつつ、
ご希望にそったお葬式に必要な費用と予算とを調整する事が必要ですが、
そのために、まずは「葬儀費用のかかり方」を把握しておくことが大切です。
また葬儀社ごとに項目が異なり比較が難しい葬儀費用の注意点をおさえておきましょう。

総額費用の説明

葬儀に必要な費用の総額葬儀に必要な費用の総額

葬儀の良し悪しは「たくさんお金をかければよい」「安く済めばよい」といった事だけで決まるものではありません。
費用面にも内容面にも満足して、初めてよい葬儀になります。

費用項目の説明

  • 基本葬儀料金基本葬儀料金
  • 付帯費用付帯費用
  • 葬儀社以外への直接支払い費用葬儀社以外への直接支払い費用

支出と収入のバランス

葬儀の費用は、支出ばかりではありません。香典や公的扶助などの収入もありますので、
これらを考慮しながら予算とバランスをとりつつ、納得のいくお葬式を行うことが大切です。

こんな葬儀社には要注意こんな葬儀社には要注意

「どのようにお送りすることが故人様と縁者にとって最良なのか?」を念頭に置きつつ、
ご希望にそったお葬式に必要な費用と予算とを調整する事が必要ですが、
そのために、まずは「葬儀費用のかかり方」を把握しておくことが大切です。
また葬儀社ごとに項目が異なり比較が難しい葬儀費用の注意点をおさえておきましょう。

大幅に値引きを行ったり、
極端に安い葬儀社
大幅な値引きを行う葬儀社はもともとの価格が適正かと疑ってしまいます。また、あまりにも安すぎる見積には、必ず足りないものがあります。葬儀内容やプランに含まれているもの、含まれていないものの見極めが重要となります。お客様にはわかりづらく、必ず発生する搬送料金や保冷剤などをプランから除外している場合もあるので確認が必要です。
必要以上に会員入会を勧めてくる積立型や保険型の葬儀会社
必要以上に会員入会を勧めてくる積立型・保険型の葬儀社は入会による月々の収入が目的です。契約で支給される手数料が目的ですので必要な情報やデメリットなどを伝えないことが多く見受けられます。過度な訪問活動や勧誘などには注意が必要です。
見積りを提示しない、
説明しない葬儀社
葬儀をする上で事前の見積りは大切な準備の1つです。見積りを依頼しているにも関わらず「カタログしか提示しない」「曖昧な表現しかしない」「金額が記載したものを持ち帰らせない」等は注意が必要です。見積りを提示しない、持ち出しを許さない行為をする葬儀会社を信用してはいけません。
価格や知名度 = 信頼ではない
葬祭業というものは特殊な業界です。生涯において数度も経験することが無い上、評価がしにくい分類の業種になります。価格や会社の知名度だけで葬儀会社を決めてしまうと、自分の想像していた葬儀と違っていたというケースも非常に多く見受けられます。きちんと事前に利用する葬儀会社が信頼に値する会社か判断するためにも事前に相談することをお勧めいたします。

上記の注意点を知らずに
葬儀社を選んだことで
「お客様のご要望が
反映されていないプラン」
を提示されることも多々あるのです。

・式場、火葬場の料金が別途に必要だという説明がなかった。
・マイクロバスや受付テントが必要だと、事前に知らされず後で追加になった。
…など、費用に関してはトラブルが起きやすいのです。

トラブルを防ぐポイント

さまざまなご葬儀スタイルに対応いたします

お客様お一人お一人に個性があるように、ご葬儀にも一つ一つ個性があります。
ご家族でゆっくりと故人様を偲ぶ家族葬、
お世話になった方々を会葬者としてお迎えする一般葬、
社葬やお別れの会など、のうひ葬祭では様々なご葬儀スタイルに対応いたします。

ここでは一般的なご葬儀の種類別に、具体的なご相談事例をご紹介します。