その他

昨今の日本では多様なお別れの形が増えてきています。
その中で最近、良く聞くようになった一日葬・直葬・火葬式。
これは日本の高齢化社会などの進行により、
日本国内、特に都市部で増えつつある葬儀のスタイルの1つです。
一日葬・直葬・火葬式は、必要最低限の準備で送り出すため、
費用を抑えることができますがトラブルも多く、
慎重に考えて選択する必要があります。

一日葬のメリット

  • 1ご遺族の体力的・精神的な負担を軽減できる
  • 2通夜がないため、会場代・飲食代・返礼品の金銭的負担が軽減される
  • 3遠方から来る参列者の宿泊施設を探す手間が省ける

一日葬のデメリット

  • 1故人を偲ぶ時間が短くなる
  • 2通夜にしか弔問できない方がいる(仕事や学校が終わってからしか弔問できない方々)
  • 3葬儀後に自宅への弔問が多くなる場合がある

一日葬の場合に気をつけたいこと

親族と話し合いましょう。
一日葬にする場合、従来のご葬儀とは違っているために親族から理解を得にくい場合があります。通夜を行わないと参列できない人がいる場合も、同意を得にくいようです。
一日葬に決定する前に、親族に相談することが大切です。

のうひ葬祭の一日葬・火葬式
(※費用は一例)

のうひ葬儀メモリーを見る