のうひブログ

2021年3月28日(日)

  • ブログ

春の便り

 

みなさん、こんにちは。

日中の日差しがぽかぽかしてきて、もうすっかり春🌸ですね。

通勤途中、タンポポが1輪咲いているのを見つけて、

ほっこりあたたかい気持ちになりました。

 

 

先日、のうひ葬祭でも

あたたかい気持ちになる出来事がありました。

 

 

古井小学校6年生の子からお手紙をいただいたんです✨👏

 

 

 

小学校を卒業するにあたって6年間のことを振り返った時に

私たちのことを思い出してくださったのかなぁ、と想像しています🤭

 

お手紙✉を書いてくれたことももちろん嬉しいのですが、

低学年の時のことをずっと覚えていてくれたということが

私はとっても嬉しいです😆!

 

 

これはもう、ひいき目全開なのですが

「やさしい声・言葉・表情で、とてもやさしくて、うれしかった」

と書いてくれているのを何度も読み返しては、

「そうでしょう!そうでしょう!

のうひ葬祭にはやさしい人がいっぱいいるんです!」と

誇らしい気持ちになっています☺

 

 

私の同期も言っていましたが、

“のうひには、困っている人を見つけたら

ほっとけない人がたくさんいる” のです💪!

 

 

そんなのうひ葬祭、実は

子ども110番の家🏠でもあるんです。

 

 

子ども110番の家とは、

地域ぐるみで子どもたちの安全を守っていくボランティア活動👀のことで、

子どもたちが助けを求めてきた時には保護をし、学校や警察などへ連絡をします。

 

この取り組みは、1996年に岐阜県可児市で始まったそうです。

知っていましたか?

私は“可児市”と聞いただけで、なんだかとても親近感を覚えました。

 

 

 

子どもたちはもちろん、

地域のみなさまや、このブログを読んで下さっているあなたも!

 

📢何か困ったことがあったら、

いつでも私たちのところへ来てくださいね。

 

 

遠慮はいりません!

なんといっても私たちのうひ葬祭は、

困っている人をほっとけないお節介な人たちの集まりですから💪!

 

 

 


 

”地域の不安を、安心に変える”

美濃加茂市・可児市・八百津町での
ご葬儀はのうひ葬祭にお任せください

✉︎メールで事前相談・資料請求をする

→電話で相談をする ☎︎0120-240-702

 

 

のうひブログ一覧