コンテンツ3

お葬式前後に必要なこと

新盆って何?いつ、何を用意すれば良いのか?

故人様が亡くなられてから初めて迎えるお盆を新盆(にいぼん)または初盆(はつぼん)と呼びます。この呼び方は地域によって変わります。お盆は毎年迎えるものですが、最初のお盆、すなわち新盆は故人様が亡くなられて初めて戻られるお盆です。ではそんな新盆について詳しく見ていきましょう。

■新盆とは??

先述の通り、故人様が亡くなられてから初めて迎えるお盆のことを指します。一般的には忌明けの日である四十九日の、次のお盆の日が新盆となります。新盆は亡くなられた方が初めて帰ってくるため、帰ってくる場所を間違えないよう、他のお盆よりも丁寧に供養を行います。

新盆の時期とは?

実は新盆には地域により若干時期が異なるという特徴があります。これは新暦と旧暦によって盆とする月が異なるためです。東京や神奈川、静岡などは毎年7月(新暦)が盆なのに対して、そのほかの地域では毎年8月(旧暦)に盆を迎えます。最近では企業や学校などの休みなどの都合から、8月に盆の法要を行うところも増えてきました。

新盆の流れ

時系列で追っていきましょう。

精霊迎え(迎え火) 【8月13日or7月13日】

夕方からご自宅の前で迎え火を焚きます。迎え火を焚くことで、故人様の霊をご自宅に招き入れます。素焼きのお皿や小さな土鍋の上で麻幹(麻がら、おがら)を焚いてご先祖様を迎え入れましょう。また仏壇とは別に盆棚(精霊棚)を用意します。先祖の霊を迎えるための祭壇がこの精霊棚です。ご自身で材料をご用意いただくこともできますが、お盆の前になると葬儀社や仏壇店などで精霊棚のセットが売られますので、事前に確認しておきましょう。お盆の時期になるとナスとキュウリをよく見かけるようになると思いますが、ナスとキュウリはそれぞれ精霊牛と精霊馬を表しており、精霊棚に備えるものの一つなのです。

お墓参り【 8月14日~15日or7月14日~15日】

ご遺族様で集まり、皆でお墓参りをします。その後ご自宅で僧侶を招き読経をします。ご自宅にはご親族や生前親しかった知人をお呼びしましょう。僧侶がお帰りになるときはお盆(なければふくさ)に乗せて、お布施をお渡ししましょう。ご自宅での読経の後にはお越しになった皆様で会食することも多いです。

盆明け【8月16日or7月16日】

なるべく遅い時間に送り火を焚き、帰ってきた故人様の霊を見送ります。地域によっては精霊流しなどを行うところもあります。

■準備すること

初めての新盆に向け、事前に準備することを見てみましょう。

お寺さんの日程調整【約1か月前】

新盆ではお寺さんによるお勤めがあります。そのため事前にお寺さんと日程を調整しておきましょう。多くの方が盆を行うので、日程調整はなるべく早めに行っておくのが良いでしょう。お盆のだいたい1か月前、十分余裕を持ちたい方だと2か月前には連絡を入れておくとよいでしょう。ただし僧侶の日程が合わず、ご希望に添えない場合もございますのでご注意ください。

お呼びする方へのご案内【約1か月前】

まず新盆にお呼びする方のリストを作ります。基本的にご親族や故人様と親しかったご友人などです。もし誰をお呼びするか悩まれる方は、四十九日の際にお越しになられた方々を目安に案内状を出すとよいでしょう。ただしお声がけしていない方が、あとからお線香をあげに来てくださることもあります。来られる時間がわからなかったり、来客の準備をしていなかったため片付けが必要になったりなど、少しバタバタすることもありますのでご注意ください。また最近ではSNSなどを使ってご参加の確認をされる方も多くいらっしゃいます。

会食料理の手配 【約2週間前】

ご自宅での法要の後に、会食される方もいらっしゃいます。ご自宅でお召し上がりになる場合には仕出し料理を、外でお食事される方は料理店に、事前に料理を伝えて予約しておきましょう。料理店によって事前の準備期間が異なるため、あらかじめ人数調整できる期限も聞いておくと安心です。

返礼品 【約2週間前】

新盆にお供えをお持ちいただいた方へお渡しするお礼のお品です。お葬式と同じでおおよそ半返しとされていますので、いただいたご香典の半額目安にお返しします。地域によって風習が異なりますので、葬儀社もしくはギフト店に1度相談することをお勧めします。

お布施【前日まで】

ご自宅の場合にはお布施のほかに5,000~10,000円を別途お車代としてお渡しすることもあります。さらに御膳料として5,000~10,000円を僧侶に包んで渡す場合もありますが、会食後の法要に僧侶も参加される場合には不要とされています。お布施は地域や宗派によって異なるため、迷われる方はご親族やご近所の世話役の方、もしくはお寺さんに一度お話しされてみることをお勧めします。

■まとめ

いかがでしょうか?新盆は初めて迎えるお盆で、故人様の霊が帰ってくるお家を見つけるために、しっかり準備してお迎えすることが大切です。準備はだいたい1~2か月前くらいから。慌てることのないよう、余裕をもって新盆の準備を行いましょう。

のうひ葬祭でご用意しているものもございますので、ご不明点があればいつでもご相談ください。

  • 資料請求のご依頼